ヌヴォラな166

極上程度の後期166

12ヶ月点検のためにお預かりいたしました

パールホワイト。3コートパールと呼ばれる塗色です
独特の修理技法がありまして、昔の記事でもありますが「にごり吹き」と言う方法でなじませるなどちょっぴり面倒です

それは良いとして、エンジンオイルを交換します

後期の166は前期とは比べ物にならないほど見直されていて、かなり乗り心地はいいです。
自動車として完成の域かと感じます

ブーツ類もしっかりしています

常にどこかで整備されているのですよ

すでにリキモリの経験者であられるそうです。

ですからハナシは早いのです。

しかし改めて見るとすごい配色

黄色身とシルバーが同時に浮かび

これでもかと言わんばかりにパール原色が入っています

日本の3コートパールはグランドにホワイトを塗って、2-5%くらいのパールを入れて透かすので、あまりパールだと解らないすごく、おしとやかなイメージですが、こちらはパール顔料を60%も入れます

多く入れれば良いってもんじゃないですが、それだけ見る角度で色実が変わるマジックカラーになります

PPGの塗料ですね。ビアンコ ヌヴォラ

ああ、僕の166も早くこんな感じにキレイにしたいー!

TIの文字もかっこいいのだ。ちあみに唯一このクルマだけ専用の18インチホイールを履きます

赤いライティングが何とも新鮮です。
僕のは緑色ですから

いやー166良いですよ。1度乗ったらとりこです。安心は出来ないクルマだけど。
166がほしくてしょうがない人、寄っといで。きっとあなたの心を満足させる1台になりますから

最終156もいいなあ? そんな浮気性な人にはなかなか高い壁ですよ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

The Hole

次の記事

復活の日