うんざりな166の修理

まだまだ続く166の修理
今回も水周りやエアコンの続き

エバポレーターのOリングを交換します

OリングはMPIのオリジナルです HNBR製
国産品で安心です

ウオーターポンプからサーモスタッドケースに行くパイプ。こちらも4つのOリングを使っています
もうかっちかちになっていて外すともろくも切れてしまいます。

こちらも良く水漏れします。166はウオポン交換時にいっぺんに交換できますが、147や156はウオポン側しか交換できず、残りはサーモケースを外して交換するのです

こちらはエアコンでないのでふつうのNBRでOKです

差し込みます

一方エアコン

画像はありませんが、分解清掃したエバポレーターにシール材を貼り付けます

そしたらエアコンを元に戻します

苦労の末に元に戻すのですが、画像一枚だと簡単に終わったようにみえますね
ここの作業は本当にうんざりします。腰もひざも痛くなります

同時にラジエターも準備

いっぱい古いラジエターから部品を移します

着々と進むウオーターポンプ周り
ウオポンプのボルトは全部さびさびになって痩せてしまうので、ここは全部交換します

そしてクランクのオイルシールも交換しました

他のテンショナーやアイドラー風車も交換したいけどコストを抑えて、今回は見送り

タイミングあわせ。大事なところです。マイクロメーターとにらめっこし

下でクランクをまわすツープラトン攻撃
しかし盛大に元のあわせ位置からずれちゃっています。

位置が決まったのでテンショナーを張ります

カムはがっちり決められています。

カムロックを外していきます

テンショナーは何周かさせてから再度調整します
そこが大事

美しいタイミング周り
クランクプーリーが残念

どんどん組み付けていきます

完成が見えてくると足取りも軽くなります

はい、これにてこの日は終了

ではまた次回

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。