The failure kingdom strikes back

心配していた部分を整備で一掃して上機嫌な僕の166
2.5Lの方ですが、実に素晴らしい。
3Lよりチカラがない分、例のV6サウンドがより多く聞くことができます。

早速、5月の15日、川越の氷川神社の月次祭(つきなみさい)に出かけてみました

現地は8時半スタートなので、朝7時に家を出て向かいました

8時ちょうどには到着しましたが、まだちょっぴり肌寒い。

毎月1日と15日に行われる月次祭ではお神酒をいただけるので、画像真ん中の神社で販売している入れ物を持っていけば、お神酒が無料でいただけます。それを料理に使ったり、何かに入れたりするとご利益があるとか
飲む? それでもいいでしょう

ちょっときれいですね

神社のあとは近くの直売で野菜を買います。
埼玉県は本当に野菜がおいしいのです

新鮮野菜には事欠きません

たまの休みにドライブに出かけてみませんか?小江戸・川越。
首都圏からだと関越自動車道 川越インターから20分くらいです

さて、問題はここからです

この後、国道254号線のレストランで食事を取りお店を後にして、時間はちょうど12時。
一番暑い時間です。
エアコンのオーバーホールもしたから、暑がるお嫁さんにも文句は言わさぬ

エアコンの設定温度は21℃。レストランの駐車場を出るときには車内の電動ファンは全開に回り始めました。
その時です。突然、電動ファンの回転が下がり始めて、あれ? まだ設定温度にはなってないけど?と思ったその瞬間
フロントガラスの前、カウルトップのところからふわっと煙が上がりました。

エアコンが死にました。

再び文句を言い出すお嫁さん。廃車か整備ミスじゃね?と痛いところを攻撃されます。
え~! 全部やっつけたのにー

後日様子を見てみると

もうこのクルマもかなりな台数触ってますから、どしてそうなったかなんて迷いも無く見つけられます

見るからに不自然なヒューズが1つ

まあ、そういうことですわ。
次回に続く~

Follow me!

The failure kingdom strikes back”へ1件のコメント

  1. 匿名 より:

    ご返信遅れ申し訳ありません。東京都のYです。

    406クーペはたまに出るセッセンタアンニ?でしたか、70周年限定車に乗ってみたいですね!

    今はアルファロメオですが、以前はプジョーも乗ってました。
    205GTI→405MI16 4駆→306S16 でしたね。
    全部良かったですが、405はほぼ毎月壊れてました。
    今となっては良い思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

166のヒーターホース交換

次の記事

Whom prevent from the huge power?