茶の書

早いもんで、僕の55回目の8月もあとわずかな時間で終わろうとしています。
あっという間に今年も駆け抜けていきますねえ。

タイトルからするとなんだかわかりませんが、日本語で言うところの「の書」
と言うのがあります。

僕の好きなところで言うと

Book of soul~魂の書

あとは例の「法の書」ですねえ。
アレスタークローリーが著したとされる呪いの本
オジーオズボーンのミスタークローリーの元になった人の本です
出版しようとした出版社が火事になったり、社長の奥さんが会談から落ちてどうのこうの

と、物騒な本です。

装丁も凝っていて昭和のオカルト本らしい感じがまたよろし

こちらもすごい装丁です

分厚い…

お嫁さんが買ったようでいつの間にか家にありましたが、そのすさまじい存在感と、あやしい装丁がなんだか映画「ジュマンジ」を彷彿させてドキドキしちゃいました

ドンドコドンドコ…

開けたらゲームが始まっちゃう(汗

当たり前ですが心配ご無用。紅茶やいろいろなお茶のティーバッグがぎっしり入っています。

詳しい事は

ルピシア ブック オブ ティー 100 | THE BOOK OF TEA 100 (lupicia.com)

へどうぞ

とにかくいっぱい。
でもいろいろなフレーバーティーがあって楽しめます

それぞれの裏には簡単な説明や淹れ方が書いてあります

じゃないと名前だけだとわかりませんし

この何でもネットの時代、こういったレトロ風味いっぱいの商品もいいじゃあーりませんか

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。