美しい156GTAの車検

かなりMPIのご近所の方で156GTAの車検のご依頼をいただきました

これがまたむちゃくちゃ程度がよろしいのです

足回りは既にモンローのリフレックスでリフレッシュ済み。

きっとガッチガチの乗り味が嫌なのでマイルドなモンローにしたのでしょう。

久しぶりに見るオーバーレーシングのマフラー。2輪の世界でも有名です。
結構な爆音具合。

エアコンも既にオーバーホール済みだそうで

でもさすがにエキゾーストは傷みが進んでますなあ。

これは今後の宿題

いったいどうやって外すのでしょう?と言わんばかりの場所にあるオイルフィルター
156は世代によってかなり難しいオイルフィルター交換になる場合があります

締める時は工具を使わず、手で締めればOKです

ニュージェネレーションズ。5W-40
非常に良いパフォーマンスです。

抹茶色ですね。もちろんオイル交換する頃には真っ黒になるのですけどね

ブレーキフルードも交換したら出来上がり

さらにバッテリー交換

このイケナイやつが付いているので撤去します。
諸悪の根源。安いキルスイッチ。

例外なくクルマの調子が悪くなります。これは近世代のインジェクションではなく、農機やキャブ車に付けるもので
大容量のオルタネーターを使う最近のクルマには不向きです。
つか、こんなの売るなよ的なくらいきらいな部品です

はい出来上がり

いろいろと苦労しましたが、車検に合格し、オーナーの元に帰って行きました。
年々、部品が手に入らなくなる世代のくるま。
ファンは多いのですが、あれが無いこれが無いとならなければいいですが….

是非また何なりとご用命ください。
ご利用ありがとうございました。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

フレームワーク

次の記事

美しい166 3.2の車検