成約御礼 スバルフォレスター

先日、せがれの友達、先輩?にクルマを買って頂きました。
ついに下の子供の周りにクルマを売る事になるとは….

思えば、以前、保険会社の若い子にも自動車を販売したことがあります。
それでも上の子と同じ歳(26か7歳)で、最近は若い子にクルマを売るようになったなあ。と感慨ひとしおですが、いよいよ銀行の担当者や、ローン会社の担当が子供たちと同じ歳の子が来て、この子が会社に融資だの手形だのを持ってくるようになると何とも言えない気持ちになります。

昔、誰かから買い取ったクルマに、ローン会社の所有権が付いていたりして、所有権解除書類を取り寄せて、印鑑証明を見ると大きなローン会社の社長が年下だったりして、たまげた事がありましたが今や、年下であることが普通になってきました。

さてそれは置いといて

フォレスターXブレイク。
第二世代のアイサイト付き、大変によくできたクルマです。
そして、非常にきれいなクルマで、大事にされていた感バリバリです。

スバルのクルマはスバリストなんて揶揄されるほどこだわりが強いユーザーが多く、クルマの取り扱いにうるさい人が多い特徴があります
故にクルマは極端に大事にされていて、このクルマもそうですが、恐ろしいほどキズが少ないのです。

もう長ーい間触ったことのなかったEJ20エンジンは、昔に比べるとかなりスムーズに走り、ボクサーエンジンだという事を忘れてしまいます。
以前にも書きましたが、スバルは一つの技術を長く使う傾向の強いメーカーで、レガシィのシャシは初代のレガシーから、僕の知る限りBP型のレガシーでもあれこれ補強部品などを加えて同じシャシーを使い続けていて、基本的にフレーム修正機のジグが同じだったように思うのですよ。
違っていたらごめんなさいね。誰かに何かサスペンション部品の問い合わせを受けて、調べていた時にフードレッジかステアリングクロスメンバーの品番が同じで、たまげたのですよ。

そしてこのEJ20と言う水平対向エンジンも、息の長いエンジンです
以前はタイミングベルトの交換が、アイドラーベアリングを多く使うことで高額になる事が有名でしたが、このフォレスター、どうやらタイミングチェーンのようです。
そして昔は、EJ20のNAはもっさりした鈍重な走りで、大っ嫌いな車種と言うかエンジンでしたが、このクルマに関して言えば、キビキビ走り、そんな印象を抱いていたのが申し訳ないくらいです。

落ち着ている印象で広い室内

荷室もキズがあまりなく大切に扱われていたのをひしひしと感じます。

お買い上げありがとうございました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

王道

次の記事

地獄に道連れNew!!