愛の147

どんな人にも間違いはあるものです
それが原因で愛車を失う事があったら…
間違いはほんの一瞬、しかし、リカバリーにはうんと時間がかかります。

今回はそんな中、悲しみをガッツに変えて修理を希望された、恵まれた環境にある147の話です

セレスピードは少しプリウスなんかに似ているところがあって、シフトレバーが常に同じ真ん中の位置に戻る仕組みです。

1速はスティックを前に、リバースは右にずらして後ろに下げるツーアクションです。
しかし、ある程度しっかりブレーキペダルを踏まないと、ギアチェンジのアクションはしても実際にはキャンセルされて
前のギアだったりするのです。
つまり、車庫入れで前進してきて、リバースに入れてバックで車庫に入れる際に、リバースに入ってないことに気づかず、アクセルを踏んでしまったら…

一瞬にして、大きな損害がでてしまいました

ユーザーはこのクルマをたいそう気に入っているので、かなり残念な様子。
車両保険にも入っているのですが、担保金額では全損の見込みです。

でもMPIの母体はボディショップです。
こういった事故修理はお家芸です。そこで、ユーザーのために一肌脱ぐ事にしました
与えられた条件の中で全部直す事にしました

車両は正面よりやや右前の損傷が激しく、フロントバンパーが後退して、フェンダーが真ん中で折れ曲がっています

フェンダーが前から押されてプレスラインが孕んでしまい、処理しきれないエネルギーがプrスラインを折り曲げたようです

と言う事は取り付け部分の後退が予想されます。

同じくボンネットフードも後退してフェンダーと接触しています。これはヒンジがゆがんでいる可能性が高いです

フェンダーが後退した分、ドアとの隙間が狭くなっています。
輸入車は隙間がかなりいい加減なので、本当に狭かったかもしれませんが、ここまで狭い事はないでしょう

バンパーは押されて歪み、一部は割れています。

ヘッドライトの取り付けも割れています。
ヘッドライトを取り付けているコアサポートと呼ばれる上側のプレートも歪んでいます

各部品の後退具合や、移動状況から、内部の部品、ラジエターやクーラーコンデンサー、果てはフレーム類までダメージが予想されます。
直すのには時間がかかりそうですが、頑張って直して行きたいと思います。
日頃からショップとの付き合いは大事です。全てのお店が受け入れてくれるとは限りませんが、困ったときにいろいろなカードが切れるお店とは仲良くしておくのが、趣味の輸入車を乗る上では肝心だと思います。

Follow me!

愛の147”へ2件のコメント

  1. Mark より:

    Thanks for your blog, nice to read. Do not stop.

    1. mpi-bp より:

      Hi Mark.
      I’m grateful to your message.
      I would be able to make a good blog by your message.
      Regards

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。