マセラティのエアコン修理

エアコンのブロアファンモーターを交換するときにグローブボックスから外すのはセオリーです。

高級車と言うのは実に多くのネジと部品で構成されていると言っても良いほど体現されています。

グローブボックスを開け閉めするとボックス内の明かりが点くスイッチ

下品な開き方にならぬようにするストッパー

そういったほかのクルマには無い部品を外してやっとハコが外れました

しかし、様々な機器がグローブボックスの中に造りつけてあるので完全な脱着とはいかず
しかも何よりグローブボックス奥のパネルを外してもブロアファンモーターに近づく事すらできず

外したのに元に戻すようになってしまいました

しかし、このギアが重く回るのと、この中に長いバネが入っていて、グローブボックスはがばっと開くことなく、バタンと閉まることもありません。
良く出来ています。さすが高級車

結局元通りになってしまいました。

もはや真正面から対峙する以外に方法がありません

体力は奪われる一方です。

ところで、現在MPIは屋内工事の最中です。
それにより現在作業中のこのマセラティ、アルファロメオ147は作業が先週から止まっています。
大変に申し訳ありませんが、今しばらく復旧までお待ちいただく事となります。

また、作業をお待ちのランチアテージスのお客様、お預かり中のテージスのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

車検でお待ちの166のお客様は作業が進行中です。
車検でお待ちのポルシェのお客様も来週には入庫の予定です。

よろしくお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

Live