マセラティのエアコン修理その2のその1

やっと今日、工場内の工事が完了して少しずつMPIの日常が戻りつつあります。
どこを工事下かは来た人のお楽しみ

さて、グローブボックスを外した物の、全く手も足も出なかったブロア周りの脱着

このコネクターがまず取れない。
これが取れないと全く先に進みません。

原因はこの狭い中に頭がほとんど入らない上に

完全にやる気を削ぐこの気温。

2日間格闘して、とうとうその時が来ます。

あまりにスペースが無いので、鏡で見ながら作業するのです。

ミラーに映る配線の焦げ。

このウルトラスペースがないのに黄色い↓の先、コネクターロックが上にもあるのです。
でも、全然取れないのはコネクターが溶けているからなのです。

この時も何時間も格闘して、過労の果てにたどり着いたのは、もはやいかなる結果になってもいいから、無理に外してしまえ
と言う結論でした。

しかしその割り切りが奏功しました!

もう既に一部がなくなっています

もはやこんなの修復不可能です。
これは、同じ事がブロアファン側にも言えそうです….

いよいよダッシュ外しかあ…
木と革で出来たこの内装類を外すのは何とか避けたい。

さあ、どうする?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。