プジョー406クーペ納車

いやあ、納車を前に洗車してまじまじ見ると、本当に美しいクルマですなあ

これ、そうとう日常な気配がないです

車体とタイヤの大きさ、全体のコントラスト、何を取ってもスバラシイ

加えて、この車は程度が大変良かった

とかく、デザインに破綻がない。そして実用性も十分
さすがイタリアンデザイン

最後にメンテナンスリセットとOBDのエラーチェック

こんなところにデータリンクコネクターがあるのです。
もちろん、すべて特にエラーは入っていませんでした

メンテナンスリセットは

ODOボタンを押しっぱなしにしたまま、ON-OFF-ONとキーを操作します。

ずっとボタンは離さずいると唐突にカウントダウンが始まります。

カウントダウンが終わったら、やっとボタンから手を放して

もう一度ボタンを押します。今度は押すだけ。すると

こうなって出来上がり。

大変に程度の良い406クーペ。もう1台持ってこいと言われても、もうここまで程度の良い406クーペは買えないだろうな

若いオーナーさんがこのクルマの歴史を受け継いでくれました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

MSGの新譜

次の記事

続・さよなら166