アルファロメオ159の車検整備プラス

ちょっと前のハナシですが、159の2.2JTSの車検整備を行いました。

内容はいたってライトで、かなり程度の良いクルマで、難なく検査にパス。

JTSはエンジノイルフィルターがエレメントタイプ

古いオイルを排出して

入れ替えまして

ブレーキフルードも交換。
それで、検査は優秀な成績でパスしてMPIに戻ってきて、今度はセレスピードがらみの仕事をします

どうもセレの調子が悪いみたいで、Rに入っているのに実は1速に入っていたり
なんだかこの型のセレの方がちょっと恐ろしい壊れ方。
でも以前にも同じ作業しましたね

まー、おなじみポテンショメーターが良くないのですが、今回の場合、ECUもよろしくないのか
診断機が入れたり、入れなかったりと不安定。
ポテンショメーターがらみのノイズがそうさせるのかは不明ですが…

見れるときはこのようにエラーメッセージを教えてくれますが
気を抜くとECUとの通信エラーになってしまい、不具合を教えてくれなくなります。

とりあえず、前の2つ。クラッチエンゲージドセンサーとシフトポジションセンサー

おなじみですが、部品高くなりましたねえ

この日は暑かったのよ

選手交代のお知らせ

この時間なのに、こんな温度とは…

きれいになってユーザーの元に

あとはキャリブレーションして終了

今回は予算の都合でECU交換は見送りましたが、このまま何事もなければいいけど

再び試乗を繰り返してユーザーの元に帰っていくのでした。
しかし、その試乗で思ったのが、この2.2のJTS、3.2よりいいかも。
以前のブレラと言い、159と言い、かなり良いですね。
特にこの159は距離も若いし、足回りも良かったですね。159見直しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

Radio wave rhapsody