たまのドライブにいかが? Shin願い石伝説

前回、オートバイの安全祈願で有名な小鹿神社で終わりました。
今回はその続き

前回の足取りは
6.西善寺
7.大渕寺
8.法性寺
9.小鹿神社
ときました。

この後、10.秩父華厳の滝からスタートし
11.洞昌院
1.聖神社
2.廣見寺
5.秩父今宮神社でゴールとなります。

この華厳の滝、唯一、住所では検索できず、近くに行って探す事にしたのですが、「目的地付近です」と言われたものの山奥で終わり、滝のたの字もありません。
しかし、よくよく地図を見ると、わき道を見ると10-15分くらいのところにそれらしい施設を発見。
2月終わりの山道、かなり雪も点在し路面も結構凍結してます。
綱渡りのスリル満点のドライブが続きましたが、どうにか到着15時26分です

ここは多くの施設が冬季に閉じているので注意が必要です

願い石も勝手にもって行ってください状態

ここにはだれも管理する人もいません。
駐車場はよく磨かれたガチガチの氷の上にあり、本当にスリル満点でした

このあたりの石所はそれなりに距離があるので、ドライブも楽しいですよ

続いて
11番石所 洞昌院。ずいぶん日も傾いてきています。まあ2月の末とは言え暮れるのは早いですからね
急いでいるところに限って駐車場から遠い….
ごめんくださーい!

ここでも本殿で手を合わせ、ご朱印をもらって

帰り際に振り返って1枚。

ここは川崎大師や目黒不動尊とならぶ名刹だそうで、こんな駆け足でなくゆっくり来たい所です

続いて移動した先は聖神社

ここは自然銅が出て、それを喜んだ朝廷が元号を和銅とし見ての通り、和同開珎が祭られ金運の神社として崇められています

強烈なパワースポットらしく、参拝者の直筆のお礼が上の画面左側に沢山貼られていて、宝くじがあたり億万長者になりました、とか競馬で高額当選しましただのと書かれたものが実に沢山あります。

はい、僕ももちろん一生懸命お祈りしましたよ。この木製の和同開珎の元で

ここは実に「銭」に特化しているのです。
ここを後にしたのは16時35分。
ゴールまではあと2つ
場所は近いのですが、時間はとてもタイト

もうほとんど片付け始めていた廣見寺

それでも参拝+お賽銭は必定ですから、大変に失礼ながら駆け足で行きます。出世せんなあ僕ら

すごい掲示板の文言。戴冠作品だけある
反省だけが全てなのである

美しい武州の山々。ああ、残る1つで完遂できるのにここで非情のノーサイド、17時を迎えてしまいました。

最後に到着した秩父今宮神社。
ここは実に美しい神社でした。

しかし…

誠に残念ながら間に合いませんでした。
ただいまの時刻、17時06分。
ああ、直売に行かなければ… あそこでタイムロスをしなければ…
などの言葉が頭の中で渦巻きます。

まあ。こればかりはどうにもなりません。次回来た時の楽しみに取っておきましょう!
それなりに楽しめたので、残念ですが、決して後悔はありません。
ところが! 帰ろうとしたそのとき裏口のドアが開き

なんと社務所の方が帰ろうと出てきて、残念そうにしている僕らを見て、どうかしましたかと声をかけてくれました
かくがくしかじか、いきさつを話すと、なんと最後の1つの石を持ってきてくれました。なんとありがたや!

一緒に御神水入れまで頂いて持って帰ることができました。
さらに持っていたお金を洗いまして、この後宝くじも買いました
5枚中、2枚が当たる健闘を見せました。元本割れは変わりませんが(笑)

ついについに11個の石が揃いました。
出でよシェンロン とは言いませんでしたが、なかなか楽しい1日でした
都心からのドライブにはちょうど良い距離です。

是非、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

http://www.chichibu-powerstone-jyunrei.org/gaiyou.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

復活の日