こんな時代になんとアナログ

以前、ドラレコをつけたマツダCX-5
同時にオイル交換もしました

前回のオイル交換から4500km、メーターにオイルレベル上昇の警告が踊ります
最近のディーゼル車は、ガソリン車と違って、点火外のオイルに燃料が混じりオイルレベルが上昇するのです。当然オイル交換する必要があります

このクルマはカバーの下にあるカバーをめくってドレンが出てきます。そんなにカバーしなくてもねえ

じゃじゃーっとオイルを出してですね

ドレンを締めて

1つめのカバーをして

二つ目のカバーをしたらリフトを下げてオイルを入れてできあがりー。オイルはDL-1ね

と、思ったら…

ウオーニングが消えません。

公論出版が発行しているオイルデータハンドブックを見ると、リセットが必要と書いてあります

その方法は…

ヒューズボックスをあけて画像の一番下側のリレーが入りそうな穴をよーく見ると

1つだけ電極があるところがあります

そこにマイナスを入れて短絡して

スイッチオンでのあと5秒以内にアクセルペダルを5回踏むそうです
なんとこのデジタルな時代にアナログな方法….

アクセルを5回踏みます
いーち、にー、さーん、しー、ごー

ア・イ・シ・テ・ルのサイン

この5回点滅、いやアクセルを踏むと、なんと本当にウオーニングが消えました!
おもしろーい

ええ、せっかくだから聴きましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

不動のカングー

次の記事

富山tour 前編