お出かけのしおり

先日行った富山ツアーですが、向かう道中、JR武蔵野線の新秋津の駅で、ホームに降りると思わぬ光景に出くわしました。

ホームの真ん前に電気機関車です。
もうやる気十分です。

最初に断っておきますが、本当に鉄道ナントカではなく、全く知りません。
完全なる門外漢。でも貨物列車は好きです。

見ればEH200と言う大型機関車。

窓枠のつや消しの黒がかなり焼けてます。また全体的に汚れているのもリアルでいいですね。
ワイパーアームはどこかで見たことがあるような

パンタグラフが上がって通電しているようですが、待機状態で「ジー」と言うとんでもなく大きな電流の流れを感じさせる音がします。

ブルーサンダーと言う名前がかっこいいですねえ。

車輪も大きくていかにも大仕事をしそうです。

この後、突然、「フォーン」と何か回転するような音がして走り去ってしまいました。

こういったものが見れるチャンスがあるのも旅の醍醐味ですな

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アルファロメオ166 V6 24V

次の記事

目の悪い人へ