いとしの155

最近、1オーナーの155がよく来られます。
いくつもの修理工場を越えて、わざわざ遠くから来ていただける幸せは何物にも代えがたいです。

今回も新しいお客さんが、都心からお越しいただきました
先日いらして頂いた赤い155の方(https://mpi-bp.com/still-remain/)同様2ケタナンバーです

ブラックビューティーの155
今回はオイル交換や点検でのお預かり

この短いオイルフィルター使う工場も多いですね。僕らはスタンダードなやつ

KONIのショックだそうです。
コニの赤箱懐かしいなあ。

全体的に傷みが少なく実に良く手入れされている印象です

江花工業のマフラー。なかなかの爆音です(笑)

リキモリのモリゲンを使いました。評判も上々です。
でもこちらは化学合成油だから好みが分かれるかもしれません

こんな状態で乗れているのもうらやましいですね。僕も自分の車、仕上げたいなあ。また墓参りだかにひっぱりだされるのに、あの外装はなー

アドバンの超軽量ホイールRSⅡ 僕らにはなんだか苦い思い出がよみがえります・・・

再び来る車検もご案内できることになりうれしい限りです。

20数年、同じクルマで苦楽を共にするのも、素敵なカーライフですね。
自分も好きで166に乗っていますが、なかなか、同じ車をずっと乗るというのは難しい物です。
費用もかかりますし、整備をする人間が費用がかかるというのですから、ここまで維持されてきた方には頭の下がる思いです

とはいえ155も部品がかなり少なくなり大規模な修理や外装の修理などがかなり難しくなってきました。
皆さんも、155が欲しいと思ったときが買い時です。ぐずぐずしていると手に入らなくなりますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ある日のブレラ

次の記事

長野ツアー2022