ある日のブレラ

美しいブルーを纏うブレラの登場です。

なんと印象的なデザインでしょうね。
直接のトラブルは出なかったのですが、念のためにレッカーで入庫。

実際にはパワーステアリングフルードの漏れが修理の目的

下回りはパワステフルードでびしょびしょ

主たる原因はこのホースではないかと

さすがディーラーで12万キロ以上メンテされてきたクルマだけあって、全体的に整備されいる印象が強いです。

939系って、エアコンのコンプレッサーがジャーって音出すのを何回か乗ったことがありますが、なんでみんな同じような異音出すようになるんだろう。
チェコ製だけどゼクセル製品。


166と同様に凝った足回り。
乗り心地も良いです。

キレイな下回りですね。

ブーツ類もしっかりしています。
乗った感じもすごく良いです。
2.2の6速マニュアルで、加速も快適、運転も大変に楽しいのです。
すっかり見直してしまいました

世の中では3.2を珍重する向きが多いですが、おそらく2.2の方が面白いんじゃないかな?

まずは点検からでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

止まらぬ円安

次の記事

いとしの155