カングーのちょっとした修理

先日レッカーで入庫したカングー

全くエンジンがかからなくなったそうです。

確かに電圧は確保できているのですが

CCAが720Aなのに、なんと答えは

脅威の7CCA…

これは完全にバッテリーが壊れている状態で
電圧はあっても起動電流がまるでありません

2020年5月とありますが、残念ながら寿命を全うしてしまったようです。
特に距離を乗らない人、滅多に動かさない人などにバッテリーが短命なケース多いです。

翌日、バッテリーを交換します

これを、はいっ!

変わりました。

でもここからが本題。
実は充電系統に問題が隠れていないかチェックします

始動に問題なし

通常の発電もOK

一番大事な負荷をかけたテスト

レクチファイアやレギュレーターも問題なし。
続いて、電流の部

通常22A出力

続いて負荷状態

70A前後を出力しています

以上のことから、純粋なバッテリー不良とし、交換日などを書いて作業は終了
今年はこういったバッテリートラブルめちゃくちゃ多いです。
今日もちょうどバッテリー交換しました。

カングーは大事にされクルマが多いですねえ。
このクルマも一人のオーナーが17年間大事に乗っています。

すこしだけお手伝いできてうれしいですね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

愛の終着駅