がんばるきもち…粉砕編

エアコン修理中のプジョー5008
コンプレッサーが圧縮していない事がわかり、急遽取り寄せました
その作業からまいります

エアコンガスを回収してコンプレッサーを外します

幸いな事にロケーションは大変によろしい

このデカイ六角にレンチをかけてぐいと引いて、何か細い物で動かなくする他所のクルマのオートテンショナーと同じ仕組み
だがしかし、プジョーはなかなかやさしい。

緑色のコネクターの脇のスプリングのついたピン。これを押し込む事によりオートテンショナーはロックされベルトが交換できるのです

比較的簡単に外れます

このコンプレッサーがまた高かった。
リビルドとかではなく新品。プジョー純正と同じデンソー製品。

もちろんOリングも交換。

いいいな、いいな、新品っていいな♪

ちなみにこのコンプレッサー。よく見るコンプレッサーと違い、クラッチがありません。
クラッチの代わりにコントロールバルブをコントロールユニットが判断して動かしているのです。
そのバルブはサーモからの情報も加味されていて、トラブルの際はエンジン水温を上げさせない為にコンプレッサーをフリーにしてエンジン負荷を下げるのです。

真空引き大会。
もう、お客さんに納車の連絡をしてもいいでしょう。

がっちり真空になったら

425gから475gの冷媒ガスを入れます。

ちょうど使いかけのガスが1本。

入れましたところ152gのガスが入った勘定。と言ってもホースの中やエアパージでいくらか少ないかとは思いますが

あとは1本200gとその半分の100gを入れたら出来上がり。
同じようにだいたい100gを入れたらよいのです。

さて、良い感じに入って行きましたよ…

あれ?高圧が上がらない。いや、低圧に至っては0に向かおうとしています。
どういう事? 当然車内は冷えません。

真っ青になる僕の顔。
まだ納車の連絡しちゃだめ~!

すげえ、頑張ったのにこの仕打ち。クルマの修理とはかくも辛い物なのですよ。
え?ユーザーはもっとかわいそう? そりゃそーですわね。

実はまだ故障が隠されていたのです
次回、完結編

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。